家族の大切さ、友人の大切さ

まず、私は自分のプライベートの時間を優先するタイプの人間で、彼氏という固定の存在を必要とはしていなかったからだと思います。どんなに恋人がいても、自分の友人との約束や、自分の時間を大切にしてしまい別れてしまうことが多かったため、自ら恋人を欲しい気持ちを持つことができず、彼氏という対象で男性を見ることができませんでした。また、私は割と男性と話すことは得意なのですが、つまりそれは、友人としてしか相手を見ることができず、例え相手の男性から恋愛面としてアプローチされても応えることができなかったため、しばらく彼氏ができなかったなと思います。まとめると、彼氏の存在なしでも生きていける覚悟ができていて、その覚悟を理由に恋人を作ることを避けていたからだと思います。

年齢が上がるにつれて、周りが少しずつ結婚や出産の報告を聞くようになり、焦ったのがきっかけです。周りのみんなの笑顔には、その幸せを表してるようにきらきら輝いており、私にないものを持っているなと感じました。確かに、今彼氏がいなくても、自分の力で1人で生きていけることは可能です。ですがその先の未来を考えたときに、自分には家族がいなくて、孤独で老後を過ごすビジョンが見えたときに怖くなってしまいました。こんなにも孤独が怖いものなんだと改めて痛感しました。また、愛されることがどれだけ人間にとって大切なのかを知ったとき、恋人の存在が必要なんだとわかり、欲しくなりました。自分から誰かを愛し、誰かに自分を愛してもらって、その先にある幸せを自分でもつかみたいと思いました。

私は現在学生で、ずっと前から親友に近い存在の男性がいました。彼には何でも相談でき、気を遣うこともなく安心できる存在でした。いつしか、彼から想いを伝えられ、びっくりしました。今までなら、このパターンが来ても、自分は今まで通り友人にしか見えないと答えてました。しかし、彼の場合、そう答えることができませんでした。彼が自分にとって、本当に友人という存在止まりでいたのか考えました。友人だけど、もっとその先の想いも自分は持っていたのではないかと気づきました。彼にはすぐに返事をせず、少し異性として見てみる時間をいただき、出かけたりしました。ふと彼の笑顔を見たとき、あ、この人の笑顔ずっと見ていたいなと思いました。これが好きの感情なんだなと初めて気づき、そこから彼氏という存在に変わりました。

現在の彼氏とお付き合いして、前よりも明るくなった気がします。今まで色々溜め込んでいたものを彼氏に会うことができ、一緒に考えてくれて、解決できて、今の自分が明るく楽しく生きていれるのも彼氏の存在のおかげだなと感じます。彼氏と出かけるときも、いつも見てる景色が、彼の視点が加わることでこんなにも違って見えるものなんだと気づきました。時にけんかもあります。ですが、それはお互いを思っているからこそできるものだと感じています。相手を強く思い、どうにか2人でもっと前向きに関係を進めたいが故のけんかの後の仲直りが、1番心地よいものです。彼氏がいての自分も好きだなって心から今そう思います。また、彼氏がいて、家族の大切さ、友人の大切さも改めて感じます。彼氏ができて本当によかったなって心からそう思います。