インディジョーンズ最大のインパクト、モラ・ラムに思うこと 

ハリソン・フォード出演の中でも有名なひと昔前の映画といえば、インディジョーンズ。
チャーンチャチャッチャーン、チャーンチャチャーン♪のテーマソングがお馴染みの、典型的なアドベンチャーものです。
とはいえあまりシリーズの1作ずつをしみじみ見たことはありません(笑)。

それでも映画の中のインパクトは、いろんな意味随所で見受けられたものでした。
その一つが、主人公インディ以上に敵の方にあります。
どこぞのお宝だの価値のある財宝だのをめぐって、必ずこういう作品に出てくる黒幕の方です。

悪役の典型例である、冷酷で強欲で力があってという「いかにも」な3点セットを備え、敵方は私にとって主人公インディよりインパクト大ですね。
中でも魔宮の伝説に出てくる悪役モラ・ラムはインディシリーズの中で一番インパクトが高いです。

役者のアムリーシュ・プリさん、主人公インディを演じるハリソンに負けないぐらいのダンディさがあると思いますし、独特の雰囲気があって私は好きですね。
プリ氏をモラ・ラム役に選んだスピルバーグ監督はエライです(笑)!
さて、プリ氏演じるモラ・ラムもまた典型的なワルの設定。
邪教の司祭としてブキミな雰囲気を出すための外見・・・トレードマークであるスキンヘッドに赤い入れ墨、羽織っている赤と黒の衣装といい、儀式のときのデッカイ角の付いた被り物といい、もう何もかもが「いかにもワル全開!!」という感じですね。

役者のプリ氏は悪人じゃないでしょうに、役者さんもワルを演じたがために嫌なイメージが定着しそうなことを懸念すると何だかかわいそうになってくるほどのワルっぷりです。
実際この魔宮の伝説は儀式のシーンなど、冒険ものでありながらホラー映画級に残虐なシーンがあることからけっこうなトラウマ映画としても有名だったりします。

モラ・ラムが残酷な儀式の中でのクレイジーっぷりは怖いですが、そこまでのことができるモラ・ラムの背景には絶対何かあったに違いないとも思わされました。

単に強欲で頭がイカレてるとか狂ってるとか、そんなことだけじゃ人間ここまでのことはできないであろう背景を、言葉をほとんど介さずして垣間見させるような演技ができるような、そんな雰囲気が感じられるプリ氏。
ただそこにいるだけで物を云うといいますか、とにかく深見のある雰囲気が漂うようなお人ですね。

スピルバーグ監督がプリ氏をモラ・ラム役に起用したのも、おそらくそんなところにあるのではないでしょうか。
実際、キャラの背景をあと後になって読んだところ、モラ・ラムはかつて自分の部族が滅びていった歴史に耐えかね、復讐を決意したとのことでした。

やっぱり心痛むような背景があったのですね。
だからこそ、ただ佇んでいるだけでダンディズムの中にも一抹の憂いや暗さのような部分が感じられるプリ氏です。

なかなかこういう深みのある表現ができる男優さんもいないと思うので、私の中でプリ氏は貴重なお人。

そんなプリ氏が、撮影中スピルバーグ監督とほほえんでいるお顔が素敵に見えました。